FMVスポーツ

ドリブル

Category
突破力の鍵「ダブルタッチ」のやり方

突破力の鍵「ダブルタッチ」のやり方

昨年度、最終的にチームの年間最優秀選手や海外紙選定の年間ベストイレブンに選ばれるなど大活躍したレアル・ソシエダに所属する久保建英選手。若くして海外で活躍する久保選手の持ち味はなんと言ってもドリブル。 身長173cmとサッカー選手の中では大きくないものの、彼の突出したドリブル力でゴールを量産しており、非常に注目を集めてい...
三笘が実演 最強ドリブルの極意「インステップ」

三笘が実演 最強ドリブルの極意「インステップ」

記憶に新しい「三苫の1mm」。2022年W杯の日本対スペイン戦。決勝トーナメント出場を決めたスペイン戦で世界中で話題となったアシストをした三笘選手。 小学校時代から川崎フロンターレのユースで活躍。筑波大学に進学後、2年生の時にユニバーシアード日本代表に選出されました。現在はプレミアリーグ、ブライトン・アンド・ホーヴ・ア...
ミスが少なく相手に読まれにくい! 上手なドリブルのポイントとは

ミスが少なく相手に読まれにくい! 上手なドリブルのポイントとは

ドリブルやボールコントロールにおいてよくミスをする人が陥りやすい特徴や上手い人との差はどこにあるのでしょうか。今回の記事では、ドリブルが上手な人と下手な人を特徴を比較し、ミスを減らし、技術を向上させるための方法やポイントについて詳しく見ていきます。 上手にドリブルをする人の特徴は、重心とボールの動かし方にありました。下...
久保建英 相手にプレッシャーをかけるゴールへの「斜めドリブル」

久保建英 相手にプレッシャーをかけるゴールへの「斜めドリブル」

久保建英選手は、レアル・ソシエダで活躍するミッドフィルダーです。10歳の時にFCバルセロナの育成組織カンテラの入団テストに合格して以降、日本サッカー界の未来を背負う存在として、注目を浴び続けています。 今回は、久保選手のドリブル技術、特にゴールへ突き進む「斜めドリブル」に注目し、技術解説をしていきます。久保選手は相手デ...
久保建英 ドリブル技術を向上させる「間接視野」の身につけ方

久保建英 ドリブル技術を向上させる「間接視野」の身につけ方

レアル・ソシエダに所属する久保建英選手は、優れたドリブル技術と驚異的なプレーセンスでラ・リーガで活躍中のミッド・フィルダーです。久保建英選手のプレーを支える特長のひとつが間接視野の広さです。間接視野を広く持つことで、周囲の選手や空間の動きを把握し、状況に応じた正確な判断を下すことができます。 本記事では、久保建英選手の...
久保建英 足裏を使ったドリブルをするメリットとコツ

久保建英 足裏を使ったドリブルをするメリットとコツ

久保建英選手は、川崎市出身の21歳であり、スペイン1部リーグのレアルソシエダードで活躍するミッドフィルダーです。彼は、その驚異的な才能と成熟したプレースタイルにより、世界的な注目を浴びています。 左利きの久保選手は、繊細かつ独特な足裏の使い方によって、ドリブル技術を飛躍的に向上させています。彼の足裏を使ったドリブルは、...
三笘薫 ドリブルのスピードを向上させる「蹴り足」の使い方

三笘薫 ドリブルのスピードを向上させる「蹴り足」の使い方

本記事では、三笘薫選手のドリブルのスピードを向上させるための「蹴り足」の使い方について解説します。 プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属する三笘薫選手は、スピードと技術を兼ね備えたドリブルを武器に、2022年のカタールW杯では全試合で途中出場から流れを変える活躍をし、チームのベスト16進出に大...
三笘薫 ドリブル突破するために大切にしている「間合い」

三笘薫 ドリブル突破するために大切にしている「間合い」

三笘薫選手は、プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属するサッカー選手です。2022年のカタールW杯では途中出場ながらも流れを変えるドリブル突破で日本代表のベスト16進出に大きく貢献しました。 なぜ三笘薫選手は、相手ディフェンスを置き去りにするドリブル突破をすることができるのでしょうか。ボールコン...
マーカーを使った7種類のドリブル練習とステップ術

マーカーを使った7種類のドリブル練習とステップ術

前回マーカーをつかったドリブル練習5種をご紹介しましたが、さらに発展したドリブル・ステップの練習もおこなっていきましょう。 ステップの感覚を身に着けて試合に役立つスキルを習得することができますよ。 マーカーでステップを習得しよう マーカーを5つほど準備したら、一列に並べます。 今回の練習でつかうのは、自分の得意な利き足...
ドリブル練習 その場でボールタッチして足の感覚を養う

ドリブル練習 その場でボールタッチして足の感覚を養う

ドリブルのテクニックを磨くためにはボールをタッチする感覚を養うことが重要です。さらに足の裏だけインサイドだけ、ではなく、足のあらゆる箇所でタッチすることで、ドリブルの幅が広がります。 まずは、ボールはそのままの位置で足の裏で優しくタッチしましょう。右左右左と交互にリズムよく行うことが大切です。足の裏でタッチはするものの...
Return Top