FMVスポーツ

広背筋 | FMVスポーツ

Category
あなたはできる?自重懸垂 最も早く懸垂ができるようになるメニューを紹介|背中トレーニング ラットプルダウン ゴムバンド懸垂 体重を軽くする

あなたはできる?自重懸垂 最も早く懸垂ができるようになるメニューを紹介|背中トレーニング ラットプルダウン ゴムバンド懸垂 体重を軽くする

突然ですが、あなたは自重懸垂が10回できますか?もしできない場合、何をすれば自重懸垂が10回できるようになると思いますか?恐らくできる人に聞くとほとんどが「懸垂にチャレンジし続けること」というかと思います。果たしてこの上級者達の感覚は真実なのか、科学的に考察し説明していきます。 ラットプルダウンは懸垂に貢献するのか エ...
筋トレ 自宅にある軽いダンベルでも効く! 5kgのダンベルで背中を追い込むトレーニング種目を紹介! |サイドライイングプルオーバー インクラインダンベルローイング サイドレイズ

筋トレ 自宅にある軽いダンベルでも効く! 5kgのダンベルで背中を追い込むトレーニング種目を紹介! |サイドライイングプルオーバー インクラインダンベルローイング サイドレイズ

大きな筋肉を鍛えるためにはそれなりの負荷が必要です。背中のトレーニングもしかり。しかし、自宅でのトレーニングでは、トレーニング器具をいくつか揃えていたとしても、十分な負荷をかけられる程の重りを持っている人はほとんどいないでしょう。ということは、ジムに行かないと背中を鍛えることは難しい、、、と思いますよね。 しかし、そん...
筋トレ 筋肉を知るとトレーニングがさらに楽しくなる!背中の筋肉&種目を紹介! ローイング チンニング(懸垂)|僧帽筋 広背筋 大円筋

筋トレ 筋肉を知るとトレーニングがさらに楽しくなる!背中の筋肉&種目を紹介! ローイング チンニング(懸垂)|僧帽筋 広背筋 大円筋

パソコン作業が多くなった現代人は背中が弱い人、かたまっている人が非常に多いです。そのため、背中のトレーニングはできれば全員に行って欲しいくらい、体型をかっこよく見せるだけでなく、日常生活を楽にするためにも重要です! そして、背中をトレーニングするうえで理解していて欲しいのは、背中の筋肉は1つではないということ。背中にい...
迫力ある大きな分厚い背中に必須!脊柱起立筋について|デッドリフト 猫背改善 姿勢をよくする 腰痛防止 腰痛改善 リバースプランク ケトルベルスイング バックエクステンション

迫力ある大きな分厚い背中に必須!脊柱起立筋について|デッドリフト 猫背改善 姿勢をよくする 腰痛防止 腰痛改善 リバースプランク ケトルベルスイング バックエクステンション

脊柱起立筋は5~8つの筋肉が集まったもので、背中の中央で大きな存在感を放ちます。脊柱起立筋は見た目や姿勢、腰痛などに大きく関わっているにも関わらず、普通の背中のトレーニングだけでは十分に鍛えることはできません。脊柱起立筋の特性と発達させるトレーニングメニューを説明していきます。 脊柱起立筋を鍛えるメリット メリットはあ...
ケガのリスクを減らせ!腕、肩の痛み ローテーターカフについて|棘上筋 棘下筋 小円筋 肩甲下筋 インナーマッスル  四十肩 五十肩 解剖学

ケガのリスクを減らせ!腕、肩の痛み ローテーターカフについて|棘上筋 棘下筋 小円筋 肩甲下筋 インナーマッスル  四十肩 五十肩 解剖学

ローテーターカフとは、肩と腕を繋ぐ4つの筋肉の総称です。棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋がその4つでこれらを鍛えることでケガのリスクを減らしながら、筋力アップを実現できます。ローテーターカフの解剖学と適切なエクササイズの説明をします。 ローテーターカフの解剖学 ローテーターカフを鍛えるとケガのリスクが減り、パフォーマン...
胸・背中の種目に優先して取り入れて欲しいダンベルプルオーバー 肩の怪我予防 胸郭の柔軟性アップ|筋トレ トレーニング 大胸筋 広背筋 上腕三頭筋

胸・背中の種目に優先して取り入れて欲しいダンベルプルオーバー 肩の怪我予防 胸郭の柔軟性アップ|筋トレ トレーニング 大胸筋 広背筋 上腕三頭筋

胸の種目というと、ベンチプレス・ダンベルプレス・ダンベルフライなどを行っている方が多いと思います。 しかし本日は「ダンベルプルオーバー」をおすすめさせてください! 軽い重さでウォーミングアップに取り入れるもよし!ベンチプレス後の補助種目として取り入れてもらうもよし!単に筋肉を大きくするという目的だけでなく、胸を張りやす...
肩のリハビリ・肩のケガ予防のための腕立て伏せ 肩の協調性を強化 インナーマッスルや前鋸筋にも刺激をいれる|故障 トレーニング 筋トレ 主動筋 補助筋

肩のリハビリ・肩のケガ予防のための腕立て伏せ 肩の協調性を強化 インナーマッスルや前鋸筋にも刺激をいれる|故障 トレーニング 筋トレ 主動筋 補助筋

これまで肩を痛めたことがあるという方は多いのではないでしょうか?野球など何か投げる動作が多い競技でもよく痛めますし、ウエイトトレーニングで負荷が強すぎたりしても痛めます。 一度怪我をすると、その部分の筋肉がかたくなることが多く、動きに制限が出たり、感覚も少し変わることに恐怖心も追加されて、なかなか積極的に肩に負荷をかけ...
40〜50代 中年の筋トレ かっこいい体を作るために 衰えをカバーするために 優先してトレーニングすべき部位は?肩・背中・胸

40〜50代 中年の筋トレ かっこいい体を作るために 衰えをカバーするために 優先してトレーニングすべき部位は?肩・背中・胸

男性は特に40代50代くらいから、自分自身の体への意識が二極化してくる印象があります。 40代50代になると、体に何かしら不調が出てきたり、疲れが抜けなかったり、お腹が出てきたり、体が年をしっかり重ねているということをものすごく実感させられるタイミングが増えてきます。 そう実感したタイミングで、生活を律して運動を始めら...
デスクワークでなりがちな猫背・巻き肩を改善するアプローチ|姿勢改善 コンディショニング 腰痛 背中美人

デスクワークでなりがちな猫背・巻き肩を改善するアプローチ|姿勢改善 コンディショニング 腰痛 背中美人

人間の普段の生活のなかで、一定の姿勢をキープして動き続けたり、作業をすることがあると思います。その時に身体にとっていい姿勢で動き続けている人は少数です。仕事等で8時間も同じ姿勢でいると自然と身体は凝り固まってしまいます。その姿勢が当たり前になってしまうと身体の動きが悪くなり日常生活やトレーニングに影響を及ぼしてしまいま...
デッドリフトで背中が曲がる根本的な原因はこれ。その対策は?|筋トレ BIG3 腰痛 ボディメイク フォーム 脊柱起立筋 ハムストリング

デッドリフトで背中が曲がる根本的な原因はこれ。その対策は?|筋トレ BIG3 腰痛 ボディメイク フォーム 脊柱起立筋 ハムストリング

デッドリフトを行う際のエラーで背中が曲がってしまうことが多いです。背中が弱いから曲がってしまうと言われていますが、背中ではなく股関節を伸展する筋肉(ハムストリングス、お尻等)が弱いから背中が曲がってしまいます。なぜかというと、股関節とバーベルのモーメントアームを短くするために股関節を近づけて背中を丸める癖がついているこ...
Return Top