FMVスポーツ

フォーム

Category
陸上競技 4×100mリレー 200m走 運動会 カーブの走り方 上半身と腕の振り方

陸上競技 4×100mリレー 200m走 運動会 カーブの走り方 上半身と腕の振り方

4×100mリレーの1走と3走の選手はトラックのカーブの部分を走ることになります。200mもスタート直後からカーブを走りますし、運動会でも直線だけの徒競走は少なく、だいたいはトラックを使うのでカーブを走ることが多いですよね。   カーブを速く走ろうと思うと実はテクニックが必要なんです。50m走や100m走のタイムが速い...
諦めるのはまだ早い!大人でも速くなる足の入れ替えドリル!

諦めるのはまだ早い!大人でも速くなる足の入れ替えドリル!

世界最速の男と言えば、ジャマイカのウサイン・ボルト選手!2009年世界陸上ベルリン大会で9秒58という、驚異的な世界新記録を樹立しました。 今回ご紹介するのは、そのウサイン・ボルト選手から走り方を教わったという方の、大人向けのレッスン風景を撮影した動画です。 短距離走と聞くと、学校の体力テストで走った50m走や、陸上競...
足が流れるって悪いこと?足の流れ改善ドリル

足が流れるって悪いこと?足の流れ改善ドリル

物心ついた頃から自然と行っている「走る」という動作。保育園や幼稚園の運動会から徒競走があり、小学生・中学生では50m走を測りますよね。運動会では足が速い人はやはり目立つ! 陸上競技部にでも入らない限りは、そこまでしっかり誰かから教わることがない「走る」という動作。故に人によってフォームはそれぞれ。足の速さもいつの間にか...
短距離を速く走るコツ ポイントは重心の位置

短距離を速く走るコツ ポイントは重心の位置

100mで10秒の壁が破られ、選手層も厚くなり、今や陸上競技の100mは日本でも期待される種目になりました。4x100mリレーも、メダルを獲ってからは特に注目を集めています。 そして、走るスピードというのは、陸上競技に限らず、サッカーや野球など、他の様々な競技でも非常に重要な要素になります。ボールを見ながら走ったり、方...
様々な競技へ応用可能 跳ねる走り方

様々な競技へ応用可能 跳ねる走り方

2017年に桐生祥秀選手が100mで10秒の壁を破ってから、サニブラウン・A・ハキーム選手、小池祐貴選手、山縣亮太選手もそれに続きました。 少し前は日本人選手が、短距離の世界の舞台で上位に食い込むなんて考え難かった時代。今はかなり選手層も厚くなり、大きな期待を集める種目に変わりましたね。 そして、走るスピードというのは...
50m走6秒台へ!足が速くなるコツ!

50m走6秒台へ!足が速くなるコツ!

2017年に桐生祥秀選手が100mで10秒の壁を破ってから、サニブラウン・A・ハキーム選手、小池祐貴選手、山縣亮太選手もそれに続きました。 少し前は日本人選手が、短距離の世界の舞台で上位に食い込むなんて考え難かった時代。今はかなり選手層も厚くなり、大きな期待を集める種目に変わりましたね。 世界レベルで活躍している選手が...
怪我防止とスピードアップを目指す お尻を使うランニングフォーム

怪我防止とスピードアップを目指す お尻を使うランニングフォーム

今回は怪我を防ぎ、かつ速く走れるような、初心者の方でも出来るランニングフォームのコツをご紹介します。 ランニングフォームのコツはずばり、 「お尻を使って走る」です。 お尻は大きな筋肉なのでお尻の馬力を使うと、より安定して走れるようになります。 さて、お尻を使って走るとはどういう事でしょうか? お尻を使って走る方法 ・足...
ランニングマシンでのトレーニング 効果と注意点

ランニングマシンでのトレーニング 効果と注意点

ジムでランニングマシーンを使用してトレーニングを行う方も多いと思います。 普段、仕事やその他忙しい生活の中で、内容の濃い練習をしたい場合、ランニングマシンを使用したトレーニングは、短時間でも高い負荷をかけて練習することができると言われています。 今回はランニングマシンを使用した練習が良い理由と注意点を解説いたします。 ...
スピード強化や柔軟性を高める 腿上げトレーニング

スピード強化や柔軟性を高める 腿上げトレーニング

今回は、ドリルと呼ばれるモモ上げやリズミカルな動きの練習方法を学びます。 短距離選手がよく行ってるイメージですが、長距離にも有効な動きです。 スピード強化やダイナミックな動き、柔軟性にもつながるので、ぜひ試してみてください。 姿勢 ・お腹にしっかりと力を入れ、頭は上から紐につられるようなイメージ ・肩は丸まらないように...
レース終盤で失速しないために意識すること「腰高」とは?

レース終盤で失速しないために意識すること「腰高」とは?

レース終盤に足が痛くなって失速してしまうこと、多々ありますよね。 今回は失速を防ぐために、より正しいフォームで走れるよう「腰高」のメリットや作り方をご紹介します。 腰高で走るメリット 走る時に、ハムストリングや臀部を使おうと言われます。 なぜこれらを使うというと、大きい筋肉だからです。 腰が低くなると、ふくらはぎを使い...
Return Top