FMVスポーツ

サニブラウン | FMVスポーツ

Tagged
陸上競技 サニブラウン・アブデル・ハキーム選手の速さの秘密は肩甲骨! 肩甲骨の可動域を出すためのエクササイズも紹介|短距離 100m 200m

陸上競技 サニブラウン・アブデル・ハキーム選手の速さの秘密は肩甲骨! 肩甲骨の可動域を出すためのエクササイズも紹介|短距離 100m 200m

これまで何十年もの間、陸上競技の短距離走において、日本人が世界レベルの大会の決勝に進出する、つまり世界のベスト8に入るなんてことはありませんでした。期待もほとんどされていなかったのではないでしょうか。 しかし、近年は私たちに期待を持たせてくれる選手が多くいます。2017年桐生選手が10秒の壁を日本人で初めて突破してから...
陸上競技 男子100m走 ウサイン・ボルトが持つ大会記録を塗り替えた日本人選手 サニブラウン・アブデル・ハキーム|短距離 日本代表有力

陸上競技 男子100m走 ウサイン・ボルトが持つ大会記録を塗り替えた日本人選手 サニブラウン・アブデル・ハキーム|短距離 日本代表有力

世界陸上選手権大会で2大会連続決勝進出を果たしているサニブラウン・アブデル・ハキーム選手。世界選手権大会の男子100mで日本人が決勝に進出をするのはサニブラウン選手が初めて。 サニブラウン選手は中学生の頃、既に100m10秒台をマークしています。その後、次々と記録を打ち立てており、世界最速の男 ウサイン・ボルト選手の大...
桐生祥秀 60mでサニブラウン・アブデル・ハキームの記録を0.01秒上回り日本新!2024年桐生選手の進化のカギは明らかに発達した僧帽筋!|国際大会 陸上競技 100m走 短距離 重心

桐生祥秀 60mでサニブラウン・アブデル・ハキームの記録を0.01秒上回り日本新!2024年桐生選手の進化のカギは明らかに発達した僧帽筋!|国際大会 陸上競技 100m走 短距離 重心

1月30日にチェコのオストラヴァで行われた世界陸連 室内ツアー・ゴールドの男子60mで桐生祥秀選手が見事優勝しました。記録はそれまでサニブラウン・アブデル・ハキーム選手が持っていた日本記録6秒54を0.01秒上回る6秒53。見事日本新記録です! 桐生選手は陸上競技の100m走において、日本で初めて10秒の壁を破ったパイ...
スタートダッシュで差をつけろ!タイムを縮める近道はこれ

スタートダッシュで差をつけろ!タイムを縮める近道はこれ

2017年に桐生祥秀選手が100mで10秒の壁を破ってから、サニブラウン・A・ハキーム選手、小池祐貴選手、山縣亮太選手もそれに続きました。 少し前は日本人選手が、短距離の世界の舞台で上位に食い込むなんて考え難かった時代。今はかなり選手層も厚くなり、大きな期待を集める種目に変わりましたね。 100mは0.01秒を争う世界...
様々な競技へ応用可能 跳ねる走り方

様々な競技へ応用可能 跳ねる走り方

2017年に桐生祥秀選手が100mで10秒の壁を破ってから、サニブラウン・A・ハキーム選手、小池祐貴選手、山縣亮太選手もそれに続きました。 少し前は日本人選手が、短距離の世界の舞台で上位に食い込むなんて考え難かった時代。今はかなり選手層も厚くなり、大きな期待を集める種目に変わりましたね。 そして、走るスピードというのは...
50m走6秒台へ!足が速くなるコツ!

50m走6秒台へ!足が速くなるコツ!

2017年に桐生祥秀選手が100mで10秒の壁を破ってから、サニブラウン・A・ハキーム選手、小池祐貴選手、山縣亮太選手もそれに続きました。 少し前は日本人選手が、短距離の世界の舞台で上位に食い込むなんて考え難かった時代。今はかなり選手層も厚くなり、大きな期待を集める種目に変わりましたね。 世界レベルで活躍している選手が...
Return Top