FMVスポーツ

[2ページ目] その他上半身 | FMVスポーツ( 2 )

Category
4種目4分で背中全体に刺激をいれる!ダンベルでできる背中のトレーニング|筋トレ 背中 背筋 ダンベル

4種目4分で背中全体に刺激をいれる!ダンベルでできる背中のトレーニング|筋トレ 背中 背筋 ダンベル

背中を見るだけでなんとなくその人の生活習慣が見えてくる気がしませんか?背中って色々語りますよね。しっかり鍛えていて非常に大きな背中を持つ人や肩甲骨がきれいに出ている人もいれば、背中がまるまっている人、肩甲骨が埋まってしまっている人もいます。 背中は使わないとどんどん感覚がなくなっていきます。感覚がなくなるとかたまってし...
夏に向けて!脱!浮き輪肉!

夏に向けて!脱!浮き輪肉!

夏と言えば海!しかし、体型を全く隠すことができない水着には抵抗がある。。。という人は多いですよね?せっかく海に来たのに、自分の体型が気になって心置きなく遊ぶことができなかった経験をお持ちの人もいるでしょう。 夏が近づくとダイエットを実践する人が増えるわけですが、ダイエットがうまくいっていても、最後まで残りがちなのが「浮...
肩を痛めないために!インナーマッスルのトレーニング

肩を痛めないために!インナーマッスルのトレーニング

インナーマッスルとは? 「インナーマッスル」という言葉は、今では一般的にも使われる言葉になりました。しかしながら、具体的に何を指すのか、イメージしきれていない人のために簡単に説明したいと思います。 筋肉の分類の中に、「遅筋」と「速筋」で分ける分類方法があります。簡単に言うと、「遅筋」とは、持久力に富んだ筋肉。「速筋」は...
下半身強化 2種類のスクワットと正しいフォーム

下半身強化 2種類のスクワットと正しいフォーム

スクワットは誰でも知っている定番の筋トレ。今回はスクワット2種類と、それらの正しい方法のご紹介です。足腰に負担をかけない正しい方法をマスターし、効果的なトレーニングをしましょう。 「ローバースクワット」と「ハイバースクワット」違いは? 今回は「ローバースクワット」と「ハイバースクワット」の2種類をご紹介します。ローバー...
筋トレ前の5分間!7つの上半身のストレッチ

筋トレ前の5分間!7つの上半身のストレッチ

筋トレの前のストレッチは、怪我の予防に加えてパフォーマンスアップも期待できるため、トレーニングの一部として重要な役割を占めています。 筋トレ前のストレッチを習慣づけて安全に、そしてより効果的にトレーニングを行いましょう。 上半身ストレッチの効果とは 上半身のストレッチは肩こりや腰痛の対策の他、関節を柔軟にして動きをダイ...
自宅で簡単に楽しくできるトレーニングメニュー ローリングバーピーの効果

自宅で簡単に楽しくできるトレーニングメニュー ローリングバーピーの効果

バーピーをご存知ですか? 今回ご紹介するトレーニングは基本のバーピーの変形バージョンです。 全身運動なので、運動不足の方にはぴったりです。 自宅で簡単に行えるトレーニングなので、気になる方はぜひ試してみてください! ローリングバーピーの方法 早速ローリングバーピーの方法をご紹介します。 膝をかかえてしゃがみます。 1の...
もう迷わない!筋トレ初心者のルーティンの組み方

もう迷わない!筋トレ初心者のルーティンの組み方

全身法に分割法……身体を鍛えたいけれど、どんなトレーニングをしたらいいかわからない! そんな方に、今回は筋トレ初心者がルーティンを組むときの方法と、ポイントをご紹介します。 中級・上級を目指すために基礎をしっかりと固めましょう! 初心者の筋トレは分割法と全身法どっちがいい? 日ごとに鍛える筋肉の部位を決めて行う分割法と...
初心者・女性向け!フォームを正して背筋を鍛える

初心者・女性向け!フォームを正して背筋を鍛える

背筋を鍛えたいのにうまくいかない……その原因は、フォームにあるかもしれません。 悪いフォームで行うと背筋に上手く力がかからず、効果的に背筋を鍛えることができません。 フォームを見直して、しっかりと背筋に負荷を与えるトレーニングを行えるようになりましょう! ラットプルダウンで背筋を鍛える 初心者にありがちな悪いフォームは...
初心者でもOK!ダンベルで背中を鍛えるトレーニング

初心者でもOK!ダンベルで背中を鍛えるトレーニング

ボディービルダーのような逆三角形の体ってあこがれますよね。 バランスのとれたたくましい体を手に入れるには、腕やお腹だけでなく、背中の筋肉もしっかり鍛える必要があります。 今回はダンベルを使った、背中を鍛えるトレーニング法をご紹介します! 背中で大きなはたらきをする主な筋肉とは 背中の筋肉(背筋)は腹筋などと違い目視で確...
胸の強化 腕立て伏せの基本 大胸筋に効く5つのポイント

胸の強化 腕立て伏せの基本 大胸筋に効く5つのポイント

身体の部位の中で3番目に筋肉量の多いのが「大胸筋」です。 打つ・投げる・相手を抑える、という動作において必要となる筋肉となることはもちろん、蹴るという動作に関しても、下半身の強さだけではなく身体全体のバネ(筋肉)を使ってキックをするので、大胸筋の「開く→閉じる」という動作も重要となります。筋肉量が多い部位だけに、あらゆ...
Return Top