FMVスポーツ

マラソン | FMVスポーツ

Tagged
ランニング 呼吸を楽にするおすすめの脇腹のストレッチ 呼吸の仕組みや大切な筋肉の部位も解説!|肩こり 横隔膜 外肋間筋 呼吸筋 肺 ポイント

ランニング 呼吸を楽にするおすすめの脇腹のストレッチ 呼吸の仕組みや大切な筋肉の部位も解説!|肩こり 横隔膜 外肋間筋 呼吸筋 肺 ポイント

ランニングで大事な呼吸。今回は呼吸を楽にできるようにするためのストレッチを紹介します! ストレス社会の現在では、呼吸が浅くなっている人がかなり多いです。今回紹介するストレッチはそんな人たちにも是非やって欲しいストレッチ! 深い呼吸ができるようになると疲労も回復しやすく、日常生活も楽になります!また、この呼吸の浅さは実は...
マラソン・ランニングの練習頻度や練習のタイミングについて解説 糖が減っている時間が狙い目!?|レース 長距離 時間 食事 練習法

マラソン・ランニングの練習頻度や練習のタイミングについて解説 糖が減っている時間が狙い目!?|レース 長距離 時間 食事 練習法

冬になると毎週末、複数の場所でマラソン大会が開催されます。1か月で30以上の大会が開催されることを考えると、ランニング人口の多さを実感させられますね。 趣味が高じて毎年フルマラソンやハーフマラソンなどに出場するようになり、さらにはタイムを縮めることが目標になっている方も多いと思います。そして、ある程度タイムが出始めた時...
ランニング継続のコツ 楽しみながら続けるために 歩いてもOK 少しずつこまめに走る 準備運動と走り方のコツ|ポイント 長距離 ジョギング 頻度 メニュー

ランニング継続のコツ 楽しみながら続けるために 歩いてもOK 少しずつこまめに走る 準備運動と走り方のコツ|ポイント 長距離 ジョギング 頻度 メニュー

ランニングを始めてみたものの、仕事や家事、子育てなどで時間をとられ、結局続けられなかったという経験はありませんか? そして、ここで少し思い出して欲しいんです。時間がとれないだけでなく、ランニングのハードルを自ら上げていませんでしたか?例えば、30分以上走らないといけない。朝走らないといけない。毎日走らないといけない。な...
スピードを上げるために!股関節の可動域を広げるランニングドリル もも上げ・股関節回し|筋トレ ストレッチ マラソン 動き作りサブ3 サブ4

スピードを上げるために!股関節の可動域を広げるランニングドリル もも上げ・股関節回し|筋トレ ストレッチ マラソン 動き作りサブ3 サブ4

マラソンでサブ3やサブ4を目指している方は、どこかで「スピード」の課題にぶつかると思います。流しを行ったり、距離走やインターバルを行うことで自然とスピードはついていくものですが、それ以外に筋トレやストレッチ、ランニングドリルを行うことも大切! 股関節の可動域が広がることによって、一歩一歩ストライドがほんの少しでも伸びれ...
足底腱膜炎の予防と足の裏の痛みを改善させるための簡単セルフケア方法を紹介 アキレス腱の下にある脂肪体へアプローチ|ランニング 故障 怪我予防 筋膜リリース

足底腱膜炎の予防と足の裏の痛みを改善させるための簡単セルフケア方法を紹介 アキレス腱の下にある脂肪体へアプローチ|ランニング 故障 怪我予防 筋膜リリース

ランニングを習慣にしている人の中で「足底腱膜炎」を経験したことがある方は多いのではないでしょうか?ランナーがよく陥る故障の1つです。 足底腱膜炎になるとランニングが出来ないだけでなく、日常生活の歩く動作でも痛みが出るのでストレスも大きく、しかも治りにくい。。 今回は、早くランニングが出来る脚に戻すために自宅でのセルフケ...
股関節を使うランニングフォームは足首と膝の使い方がポイント!  腸腰筋を使った脚の引き上げ方|ランニング フォーム 楽に走る 走り方 股関節 腸腰筋

股関節を使うランニングフォームは足首と膝の使い方がポイント!  腸腰筋を使った脚の引き上げ方|ランニング フォーム 楽に走る 走り方 股関節 腸腰筋

ランニングの後、脚のどの部分が一番疲れますか??ふくらはぎが疲れている人は要注意です!足首で頑張って走っている可能性があります。 人間の身体は体幹部が太く、手先や足先にいく程細くなっていきます。つまり大きな力を発揮するのは体幹部分。そしてその力を地面やボールなどの道具に微調整しながら無駄なく伝えるという働きをするのが手...
ランニング ブレーキがかからない地面からの反発を活かした走り方 チェック方法やドリルをご紹介!|接地 楽に走る 膝の高さ 使い方 練習方法

ランニング ブレーキがかからない地面からの反発を活かした走り方 チェック方法やドリルをご紹介!|接地 楽に走る 膝の高さ 使い方 練習方法

ランニングのフォームってみなさんどのようなイメージがありますか?短距離走だと「地面からの反発」というキーワードがよく出てきますが、ランニングだとあまりそのキーワードが出てこないような印象があります。 しかし、ランニングも自分の力を使って身体を押し進めるよりも、地面から反発をもらってそれを前進する力に変えた方が楽に走れる...
勝手に股関節をうまく使えるようになる!?ランニングのための動き作り『トロッティング』のメリットとやり方|マラソン フォーム 股関節 走り方 練習方法

勝手に股関節をうまく使えるようになる!?ランニングのための動き作り『トロッティング』のメリットとやり方|マラソン フォーム 股関節 走り方 練習方法

マラソン、ランニングで股関節を使っているかどうかは非常に重要です。股関節を使えないと楽には走れず、体力をロスしながら走ることになります。マラソンを走るうえで股関節をうまく動かすということは必須です! とは言っても、どうやったら股関節をうまく動かせるようになるのでしょうか?今回はそのための動き作りである「トロッティング」...
世界陸上 5000m 8位入賞 田中希実選手の結果を出すための考え方やメンタルを維持する方法|陸上 ランニング レース 試合 モチベーション 日本代表 長距離

世界陸上 5000m 8位入賞 田中希実選手の結果を出すための考え方やメンタルを維持する方法|陸上 ランニング レース 試合 モチベーション 日本代表 長距離

2023年8月19日から27日までハンガリーのブタペストで行われた世界陸上。日本勢が今まで以上に活躍した大会となりました。陸上のレベルが少しずつ上がってきていることが伺えます。 そして、今回注目したいのは、26年ぶりの快挙!女子5000m8位入賞した田中希実選手。 長い距離になるとやはり強いのはアフリカ勢。そして世界陸...
世界陸上 5000m 日本勢26年ぶりの入賞 田中希実選手 直前合宿に密着!|陸上 ランニング 長距離 練習方法 メニュー

世界陸上 5000m 日本勢26年ぶりの入賞 田中希実選手 直前合宿に密着!|陸上 ランニング 長距離 練習方法 メニュー

2023年8月19日から27日までハンガリーのブタペストで行われた世界陸上。今大会は女子やり投げで北口榛花選手が日本の女子選手としてフィールド種目初の金メダル獲得や、男子110mハードル泉谷駿介選手がこの種目で日本人初の入賞、男子3000メートル障害では三浦龍司選手がこの種目の世界陸上で初の入賞など、「初」の文字が飛び...
Return Top